三十路の毎日

三十路後半の日々を綴る

医療脱毛

脱毛。

 

三十路も後半なので割合やってる人が多い(気がする)

私は以前〇ュゼで契約していた。

脇とひざ下で2万ぐらい。

 

しかし、いろいろと不満があって通わなくなってしまった。

2万ドブに捨てたことになる。馬鹿だ。

ちなみに〇ュゼは医療脱毛ではないので、最初から医療にしておきゃよかった気がする。遠回りしすぎ。

 

通わなくなった理由は

・予約がなかなか取れない。

うろ覚えなんだが当時(13年か14年)キャンペーンのせいもあってなかなか予約が取れなかった。面倒くさい。

店舗が全国にあって予約できるよ!とか何とか言ってたけど面倒くさがり屋には無駄だった。

 

・勧誘が煩わしい

勧誘がないとか何とかが売りだったけどそうじゃなかった。

脱毛後アフターケアローションの勧誘が煩わしかった。

買っても買わなくても大丈夫なんだけど、服屋で試着したら断るのに一苦労な人間の私は無理だった。というか服屋のほうが断りやすいと思う。

これが一番の理由かもしれない。

 

・カルテ見てるのかよ?と疑いたくなる

私は昔結構大きいけがをしていて、その部分は脱毛しなかったんだが毎回毎回同じことを聞かれるのでうんざりした。

挙句の果てには「脱毛できるかわからない」とまで言い出すし。

前回脱毛できてるのに今回だめってどういうことやねん、と突っ込みたかった。

 

以上のことがあったので今回はカウンセリングをしてから決めたいと予約の時点で記載しておき、カウンセリングでもばっちり伝えておいた。

料金は明瞭だしカウンセリングのおねーさんもちゃんとしてるので安心。

今回は顔と脇を選択。

 

顔は痛いと聞いていたのでちょっと不安。

だいたい、痛みでよく言われる「輪ゴムではじいた程度」でどのくらいだよ。

わけわからんよ、と思う。人生で輪ゴムで肌をはじく回数なんてかなり少なくないか…?

顔(というより鼻の下)は面積が少ないのであっという間に終わった。

目をカバーしていたので見ていないが電動歯ブラシぐらいの太さで風を送り、もう一方でムダ毛を抜いている。風が強くて息ができない。

小さい扇風機で強風を送っているようだ。モガガガガ・・・としているうちに終わった。苦しい。痛みより呼吸がつらい。

 

一息つかないうちに脇になる。

脇はあまり痛みもなく完了。真ん中のあたりはちょっと痛い。

〇ュゼは脇は結構時間がかかって寒くてつらかったけどここは早い。

脱毛前にお会計していたのでさくっと帰れた。

帰りにカウンセリングのお姉さんが見送ってくれた。おお、ありがとう。

 

<今回の費用>

脇と鼻下 7560円

2か月ぐらい開けてくださいとのことなので10月ごろに行く予定

事前にカミソリで処理が必要

腕もやりたいが日焼け厳禁なので冬になってから考えようと思う(そして多分忘れる)