三十路の毎日

三十路後半の日々を綴る

美容院に行ってきた

髪の毛がずいぶん伸びてきたので美容院に行ってきた。

担当は約8年お願いしている男性である。(2つ年下)

注文が多い癖にもっさい私に付き合ってくれる心の広いお方である。

 

私は頭の形が悪い。

いわゆる絶壁頭だ。船越栄一郎が犯人を追いつめるあれである。

そして、ハチが張っている。(担当情報)

ついでに生え際に癖があってなかなか面倒くさい。

髪が固くはないが多いわくせ毛だわで梅雨の時期は苦労していた。

ところが30近くなってから髪質が変わったのかあまり髪の毛が暴走しなくなってきた。

しかし、今度は日焼けにやたら弱くなった。

ちょっと気を抜くと日焼けのダメージで使い古しの箒みたいになってしまう。

バッサバサになるのだ。ショートカットなのに。

日焼けのダメージを防ぐスタイリング剤とやらも試したが効果はなかった。

30歳ごろから毎年夏は猛暑とか日本一暑いところは熊谷か館林か、とかなったせいもあるかもしれない。

面倒くさがりでお金もない私は極力日に当たらないように過ごすようになった。

髪の毛とともに顔も日に焼けると痒くなるので日焼け止めを塗りたくって日影を移動する事にしている。

 

今日アシスタントについていた女の子が髪の毛や肌についていろいろ聞いていたので一通り答えておいた。

こんな面倒くさがり&手抜きのケアを聞いても役に立たん気がするんだが…

 

美容院ついでにコスメや文房具やらを眺めて楽しい一日だった。